プロフィール

私JUNと、夫のMichael、娘一人。
明治12年(1879年)建築の古民家に住んでいます。
子供の頃から私は、縁側と太い梁のある家で
着物で生活したいという漠然とした夢があって
ずっと町家スタイルを探してきました。
夫はアメリカ人なので、というか日本人にこそ古民家は人気ないので
もし結婚することがあれば古民家に住むことは諦めモードだった。
それがある時、まだ結婚する前「純、本当に古民家好きですか?」と。
「僕も住みたいです」と。
どうやら夫も、古民家は日本人に人気ないと思っていたみたい。

この家を見つけた経緯、手に入れるまでのトラブル、
住んでからのトラブル、古民家の楽しみ方、
リフォームについて、DIY、全般的に書いていこうと思います。
古民家が壊されていくのを見て本当に悲しくなります。
古民家を憧れだけで終わらせないように、突っ込んで行こうと思います。

ただ、一つ私が譲歩したのは、庄屋スタイルに決めたこと。
(この金属探知機でトレジャーハンティングというブログも書いています。)

そして天気と娘が許せば
右手に金属探知機、 左手にベビーカーというスタイルであちこち掘っています。
日本でキンタン(金属探知機)を使ってるお母ちゃんがいたら是非お会いしたいです。
連絡ください。

金属探知機を紹介してくれたのは私の夫のマイケルさん。

アメリカはニューヨーク出身、キンタン歴十数年(らしい)。
普段は英会話教室を運営したりしています。
ビリージョエルがご近所さんだったり、
アンディウォーホールとエレベーターで一緒になったりと、
そんなエキサイティングな街からなぜか福井の温泉街へ来たのが30年前。
今では日本人より日本人らしいところも垣間見えます。
十数年以上前にキンタンを始めた時は
まだSNSもYoutubeもなかったし情報が少なかったので
仲間もおらずすぐに諦めてしまった模様。
でも私は最初にキンタン話を聞いた時から忘れたことはなかった!
その後ひょんなことで結婚することになり
この人となら一緒にやっていける!と確信したのがキンタン。